T.T 「Lot.603 SWEAT SHIRT / IVORY」
T.T 「Lot.603 SWEAT SHIRT / IVORY」
T.T 「Lot.603 SWEAT SHIRT / IVORY」
T.T 「Lot.603 SWEAT SHIRT / IVORY」
T.T 「Lot.603 SWEAT SHIRT / IVORY」
T.T 「Lot.603 SWEAT SHIRT / IVORY」
T.T 「Lot.603 SWEAT SHIRT / IVORY」
T.T 「Lot.603 SWEAT SHIRT / IVORY」
T.T 「Lot.603 SWEAT SHIRT / IVORY」
T.T 「Lot.603 SWEAT SHIRT / IVORY」
T.T 「Lot.603 SWEAT SHIRT / IVORY」
T.T 「Lot.603 SWEAT SHIRT / IVORY」
01 12

T.T 「Lot.603 SWEAT SHIRT / IVORY」

$202.00

DESCRIPTION


人工素材が広く普及する1950年代よりも前の

アメリカンスポーツウェアの原点から生まれた「スウェットシャツ」



T.Tのプロダクトの中でもシグネイチャーアイテムとして

位置付けられるプロダクトです。




特徴的なパターンメイキングでもある

直線的な裁断に、平面的なフォルム。



表裏の首元にあるVガゼットと呼ばれる、

汗止めのディテールなどは、

現代では忘れ去られた、

ものづくりの背景が再構築することで理解出来ます。




丸胴の裏毛は和歌山県にある希少な吊り編み機で作成し、

当時のリバイバルとして、

USA コットンを使用することで、

ドライな質感を持つ独特な風合いの生地になっています。





大正時代に日本に入ってきた吊り編み機は、

現在、世界で唯一、和歌山県のみで稼働しており、

1時間に1メートルしか編むことが出来ない為、

とても非効率ではありますが、

弛まぬ労力と時間をかけることで空気も一緒に編み込んだ様な

程良いムラ感と独特な風合いの生地に仕上がります。






当時の時代背景や装い、そして所作を

丁寧にゆっくりと時間をかけ、私たちに思い起こさせる、

T.Tの提唱する「侘び寂び」を感じられる美しいプロダクトになっています。




SIZE

– 38 ( M ) –
着丈: 約 56cm
身幅: 約 54cm
肩幅: 約 51cm
袖丈: 約 47cm

– 40 ( L ) –
着丈: 約 58cm
身幅: 約 58cm
肩幅: 約 55cm
袖丈: 約 50cm

– 42 ( XL ) –
着丈: 約 60cm
身幅: 約 62cm
肩幅: 約 59cm
袖丈: 約 53cm





*写真の着用者は 170cm / 58kg で「 サイズ 40 ( L ) 」を着用しています。

MATERIAL

素材: COTTON 100%*吊り編み

RELATED