T.T 「Lot.611 HALF ZIP SWEAT SHIRT / HEATHER GRAY」
T.T 「Lot.611 HALF ZIP SWEAT SHIRT / HEATHER GRAY」
T.T 「Lot.611 HALF ZIP SWEAT SHIRT / HEATHER GRAY」
T.T 「Lot.611 HALF ZIP SWEAT SHIRT / HEATHER GRAY」
T.T 「Lot.611 HALF ZIP SWEAT SHIRT / HEATHER GRAY」
T.T 「Lot.611 HALF ZIP SWEAT SHIRT / HEATHER GRAY」
T.T 「Lot.611 HALF ZIP SWEAT SHIRT / HEATHER GRAY」
T.T 「Lot.611 HALF ZIP SWEAT SHIRT / HEATHER GRAY」
T.T 「Lot.611 HALF ZIP SWEAT SHIRT / HEATHER GRAY」
T.T 「Lot.611 HALF ZIP SWEAT SHIRT / HEATHER GRAY」
01 10

T.T 「Lot.611 HALF ZIP SWEAT SHIRT / HEATHER GRAY」

$239.00

DESCRIPTION

美しい杢調の素材と編み込みの技術を活かし

再解釈を図った

当時の雰囲気をそのまま残したような

褪色具合が特徴的な「ハーフジップスウェット」


50 年代の好景気で、ジッパー(ファスナー)が大きく普及し、

様々なアイテムに利用されました。


当時の吊り編み機で編まれた裏毛はしっかりとしているが故、

伸縮性に乏しく、前または前後両方にガゼットをつけ伸縮性を補強していました。


伸縮性の改善とともに採用されたのがジッパーで、

衿がついたデザイン、フードが付いたデザインでそれぞれが開発され、

こちらの衿は、シャツのような 2 枚仕立てではなく、

1枚で効率的に作られた仕様であり、洗い後のヨレ感がナチュラルに経年するように仕上げております。


丸胴の裏毛は和歌山にある吊り編み機で作成し、

トップ染めの綿をミックスし杢調を際立たせています。


大正時代に日本に入ってきた吊り編み機は、

現在、世界で唯一、和歌山県のみで稼働しており、

1時間に1メートルしか編むことが出来ない為、

とても非効率ではありますが、

弛まぬ労力と時間をかけることで空気も一緒に編み込んだ様な

程良いムラ感と独特な風合いの生地に仕上がります。



さらに、1920年代によく見られるアールデコ調の

筋刻印を施したファスナーの引手もオリジナルで作成し、

細部への抜かりないこだわりが見られます。



当時の時代背景や装い、そして所作を

丁寧にゆっくりと時間をかけ、私たちに思い起こさせる、

T.Tの提唱する「侘び寂び」を感じられる美しいプロダクトになっています。

SIZE

– 38 ( M ) –
着丈: 約 57cm
身幅: 約 57cm
肩幅: 約 58cm
袖丈: 約 53cm

– 40 ( L ) –
着丈: 約 60cm
身幅: 約 61cm
肩幅: 約 59cm
袖丈: 約 54cm




*写真の着用者は 174cm / 58kg で「 サイズ 38 ( M ) 」を着用しています。

MATERIAL

素材: COTTON 100%*吊り編み

RELATED