T.T 「Lot.704 DENIM TROUSERS c.1920’s / DAMAGED INDIGO」
T.T 「Lot.704 DENIM TROUSERS c.1920’s / DAMAGED INDIGO」
T.T 「Lot.704 DENIM TROUSERS c.1920’s / DAMAGED INDIGO」
T.T 「Lot.704 DENIM TROUSERS c.1920’s / DAMAGED INDIGO」
T.T 「Lot.704 DENIM TROUSERS c.1920’s / DAMAGED INDIGO」
T.T 「Lot.704 DENIM TROUSERS c.1920’s / DAMAGED INDIGO」
T.T 「Lot.704 DENIM TROUSERS c.1920’s / DAMAGED INDIGO」
T.T 「Lot.704 DENIM TROUSERS c.1920’s / DAMAGED INDIGO」
T.T 「Lot.704 DENIM TROUSERS c.1920’s / DAMAGED INDIGO」
T.T 「Lot.704 DENIM TROUSERS c.1920’s / DAMAGED INDIGO」
T.T 「Lot.704 DENIM TROUSERS c.1920’s / DAMAGED INDIGO」
T.T 「Lot.704 DENIM TROUSERS c.1920’s / DAMAGED INDIGO」
T.T 「Lot.704 DENIM TROUSERS c.1920’s / DAMAGED INDIGO」
T.T 「Lot.704 DENIM TROUSERS c.1920’s / DAMAGED INDIGO」
T.T 「Lot.704 DENIM TROUSERS c.1920’s / DAMAGED INDIGO」
T.T 「Lot.704 DENIM TROUSERS c.1920’s / DAMAGED INDIGO」
T.T 「Lot.704 DENIM TROUSERS c.1920’s / DAMAGED INDIGO」
T.T 「Lot.704 DENIM TROUSERS c.1920’s / DAMAGED INDIGO」
T.T 「Lot.704 DENIM TROUSERS c.1920’s / DAMAGED INDIGO」
T.T 「Lot.704 DENIM TROUSERS c.1920’s / DAMAGED INDIGO」
T.T 「Lot.704 DENIM TROUSERS c.1920’s / DAMAGED INDIGO」
T.T 「Lot.704 DENIM TROUSERS c.1920’s / DAMAGED INDIGO」
T.T 「Lot.704 DENIM TROUSERS c.1920’s / DAMAGED INDIGO」
T.T 「Lot.704 DENIM TROUSERS c.1920’s / DAMAGED INDIGO」
T.T 「Lot.704 DENIM TROUSERS c.1920’s / DAMAGED INDIGO」
T.T 「Lot.704 DENIM TROUSERS c.1920’s / DAMAGED INDIGO」
01 26

T.T 「Lot.704 DENIM TROUSERS c.1920’s / DAMAGED INDIGO」

¥71,500

DESCRIPTION

ダメージ加工を施し、通常のダメージ加工に加え、

塩縮加工を施すことで、

何年もの時を経て生から穿いたような、シワ・ヒゲ等の本物のユーズド感を実現させた

まるで作品のような圧倒的な佇まいを持つ「Lot. 704」のスペシャルピース。




本当に多くの時間と工程を費やした一切の妥協の無い雰囲気は、

Taiga Takahashi らしい本物のアルチザンを感じる事が出来る、

今シーズンだけの特別なモデルになります。





モデルには股上が深く設け、ワタリから裾まで真っ直ぐに

落とした太めのシルエットが特徴的で、

1920年代の当時と全く同じ作り方で、全てのディティールを完璧に再現させた

Taiga Takahashiのアイコンともいえるデニムトラウザー「Lot. 704」を採用しています。






錆びて朽ちたボタンとリベット、バックルも長い年月をかけた存在感を作り出しています。




髙橋大雅はリーバイスよりも

ストア系と呼ばれるブランドのデニムが好きでした。





特にForemostというブランドを展開していた「J.C.Penny」

1920 年代にリーバイスを真似たデニムを作り始め、

徐々にオリジナリティを持ったデザインが展開されていきました。






髙橋大雅はそれらのデニムを蒐集し、

彼らが試行錯誤し「如何にしてリーバイスと差別化を図るか」という意志を、

ディテールの随所に感じ、

その意思を引き継ぎ、Taiga Takahashi のオリジナルデニムが誕生しました。







素材には、

米国産オーガニックコットンを使用し、

岡山にある旧式力織機で織り上げた3/1左綾の

オリジナルのオーガニックコットン100%ライトオンスデニムを採用しています。






現代の織機の10〜20分の1という

低速度でしか織ることができないシャトル織機とも呼ばれる旧式力織機で

ゆっくりと織り上げたデニム生地は、

綿糸本来の凹凸が残り、いい意味でムラが出来ています。






経糸には硫化染料をミックスしたインディゴを採用し

長い年月を経た事による、風化が起きたグリーンキャストな色味が特徴的で、

緯糸はロープ染色で芯白に染め、

時間の経過を感じさせる黄ばんだ生成りに染めた特注のネップ糸を使用しています。







これらの2種の糸を使用することで、

Taiga Takahashi 独自の、

濃くて深みのあるオリジナルのインディゴブルーに辿り着いています。






さらに、仕上げでサンフォライズド加工(防縮加工)が施され、

袖を通した際の馴染みの良さを感じさせる配慮と、

当時のアイテムをリアルに視認したことによる、アイデアが施されています。






丸くカーブしたフロントのポケットに、

明き部分に付いたリベット、後ろ側についてあるバックルバックなど

残すべき部分は残した設計となっています。






特注の刻印入りボタンとバックは

全て鉄製で表面にメッキ加工施していない為、

時間が経てば錆びることから、経年変化を楽しめます。







裾も生地耳は「白耳」と言われるのセルヴィッジデニム生地で、

前身返しやカフス裏など各所に白耳を利用しており、

デザインとしてのアプローチも含め、

その時その時の所作から読み取れるような粋な仕様となっています。






シグニチャーの革パッチは奄美大島で泥染めを施し、

バックスタイルの見え方にも、

時代性を感じさせる臨場感のあるムードを抜かりなく作り込んでいます。





約100年程受け継がれてきた所作やものづくりを

「美学」として捉え自分自身の身体で経年させ、

未来に継承させる事が出来る

唯一無二のタイムレスなプロダクトになっています。

 





 

*当モデルのタックボタン、リベット、バックル等に使用している鉄素材の付属品は
古い時代のディテールを忠実に再現しており、
また素材も忠実に錆止め加工等をあえて施しておりませんので、
ご理解いただきますようお願いします。

SIZE

-30inch-
ウエスト: 約 76cm
ワタリ : 約 33cm
裾幅  : 約 26.5cm
股上  : 約 31cm
股下  : 約 84cm


-32inch-
ウエスト: 約 82cm
ワタリ : 約 35cm
裾幅  : 約 27cm
股上  : 約 33cm
股下  : 約 85cm


-34inch-
ウエスト: 約 86cm
ワタリ : 約 37cm
裾幅  : 約 27.5cm
股上  : 約 35cm
股下  : 約 86cm






*写真の着用者は 170cm / 58kg で「 32inch 」を着用しています。

MATERIAL

COTTON 100% & HORSE LEATHER

RELATED